あなたとわたしの
きもちをかたちに

ご連絡先はこちら BowWorks
BowWorks

このサイトについて

このサイトは福田礼(ふくだれい)の個人の自己紹介的な内容のサイトです。

個人としての表面的な情報から経歴や趣味、個人としての主な制作物(印刷物およびWebサイト)、自分のポリシー、個人で行なっているその他の活動などについて記載しています。

僕について

僕の個人的な経歴や、そこに付随する情報などが書かれています。
大して面白みのない話かもしれませんが、参考までに読んでいただければ幸いです。

ポートフォリオ

僕が個人で制作に携わった案件のいくつかを掲載しています。
他にも所属している会社で制作したものもございますが、それについてはお問い合わせください。

そのほかの活動

デザイン関係以外で、僕が力を入れていることなどです。
趣味と言うべきか、ライフワークと言うべきか、そう言う事柄についてです。

僕について

大したことは何一つできてもいないししてもいないので、恥ずかしい限りですが、福田 礼という人物についての由無し事的な経歴のようなものです。

主に若かりし頃の話(〜成人するまで)。

男性。1971年生まれ。
内向的な性格で、ジュブナイル小説を好み、アニメばかり見て育ち、中学・高校時代は週末に仲間内で遊ぶ、テーブルトークRPGを楽しみにしていた。
大して賢くなかったため、中の下の公立高校に進学し、山岳部で登山を知り、その部活の仲間とはほぼ腐れ縁の中として、現在まで時折酒を飲むような仲になる。
同時期に、とあるラジオ番組のリスナーイベントで知り合った人たちとの出会いで、自分の視野が広がった気になった。すこしだけ、自分が大人になった気がしていた。
美大を目指していたが大学受験に失敗し、デザイン系の専門学校で工業デザインを専攻する。
当時はアトリエにこもって「マイレッジマラソン」という競技に出場するための車両を先輩に混ざって作っていた。

一度就職してから上京。

自動車関係のデザインを生業にするために学んできたが、バブルがはじけてしまい、そういった仕事は極端に少なくなり、職探しに奔走した結果、当時の友人の親戚が経営する会社に潜り込むことができた。
しかし、様々な事情から暗鬱な気持ちになっていき、それから逃げ出すよう仕事を辞め、当時急速に普及し始めたプレイステーションやセガサターンに触れ、「こう言うのが作れたら幸せだろうな」とゲーム制作を志し上京。
ところが、就職もできなければ環境に馴染めず、いろいろもがき苦しんだ挙句、最終的に体を壊し帰郷。
あまりに恥ずかしい結果だったので、友人たちにはそのことを内緒にしていた。
ゲーム制作について某所で学んでいる際に、企画書を書くために使ったAdobe PageMakerに興味を持ったのがきっかけで、Macを使って印刷物を作るようになり、その延長でWebサイト制作を生業にするようになる。

いろいろあって失意の帰郷から、現在まで。

帰郷後、特に何をするわけでもなかったが、2001年頃からインターネットを利用し始める。
最初はGAIAX(ガイアックス。現在はサービス停止)のようなコミュニティーサイトを利用していたがMovableTypeの紹介をネットランナーで読み興味はWeblogやCMSに興味が移る。
ブラウザ上で文章を入力したらHTMLがわからなくてもブラウザに表示され、誰もが読むことができるという仕組みに将来性を感じて、レンタルサーバーを借りて苦労してインストールしたことから、いつかはWebの世界に携わりたいと思うようになる。
2005年11月にインターネットで知り合った女性と結婚。特に何をするでもなく、穏やかに過ごしていたが、東日本大震災以降、思うところあってSNSなどでよく発言するようになった。

そのほかの活動

僕は震災以前は特に何も考えることなく、のんべんだらりと暮らしていましたが、東日本大震災以降、僕なりに思うところがいくつかあり、下記のような活動をプライベートで行なっています。

捕鯨関連

東日本大震災以降、いろいろな縁もあって、捕鯨問題について考えるようになりました。
映画「ザ・コーヴ」で扱われたイルカ追い込み漁についての誤った情報を正すほか、捕鯨に関しての私感を発信するために「くじらとーく」というブログを開設、更新頻度は少なく休止期間はあるものの、捕鯨問題を中心に様々な情報を発信してきました。
それが縁となりまして、一般財団法人日本鯨類研究所日本捕鯨協会のホームページの制作に携わることができました。

太地町関係

捕鯨問題について考える過程で、和歌山県東牟婁郡太地町に縁ができ、比較的頻繁に通うようになりました。
その旅の過程で撮った写真を公開するために、Facebookページ「太地町の風景」を運営し始め、知り得たことを動画を作成したり(その関係で神津島までいくことになったり)、観光情報のサイトを制作したりなど、いくつかの試みを形にしました。
それが縁となって、太地町立くじらの博物館に関するチラシなどの一部の制作に携わることができました。  

動物愛護関係

捕鯨問題に関する発信を通じで、初島の地域猫活動をされている方(後に動物愛護推進員になられたそうです)と知り合うことになり、その活動のフォローとなるようなポスターやチラシの制作に携わりました。

お問い合わせ先はこちら

メールをお送りいただきありがとうございました!